PC版

よくある質問

Q社協会員について知りたいのですが、教えて下さい。

社協会員とは、社会福祉協議会の趣旨に賛同し、会費を納入していただいた個人・団体の方々を指します。社協の取り組みや活動は、皆さまからの会費や寄付によって支えられています。特に社協会費は重要な自主財源です。今後も新ひだか町をよりよいまちにしていくため、新ひだか社協への応援をどうぞよろしくお願いします。

Q社協会費はどんなことに使われるのですか?

社協が実施する地域福祉活動事業の財源として活用しています。 見守りネットの構築やふれあい交流、ボランティア活動支援・養成や福祉教育、相談業務など「安心して暮らせる幸せあふれるまちづくり」を進めるための大切な自主財源となっています。

Q町の組織とはどう違うのでしょうか?

社会福祉協議会は、社会福祉法第109条に基づき、地域福祉の推進を図ることを目的に、全国・都道府県・市区町村単位に組織された民間の福祉団体です。町からの委託事業も行っておりますが、民間の社会福祉団体です。

Qお金が無くて生活に困っているが、何か救済措置はありますか?

低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯などの経済的な自立と社会参加の促進を図るため、 県の社会福祉協議会が主体となって、安定した生活が営めるよう資金の貸付けと必要な援助指導を行っています。 当社協では、窓口及び相談業務を行っております。

お問合せ先:0146-43-3121

Q借金・離婚・相続等の法律相談は申し込めますか?

社協では毎日無料で、心配ごとの相談を行っております。 弁護士・司法書士・人権擁護委員・民生委員・行政相談員が相談にのります。10:00〜15:00まで行っておりますのでお気軽にご連絡下さい。

お問合せ先:0146-43-3121

Q中古の福祉ベッドや車いすを寄付したいのですが、引き取ってもらえますか?

ありがとうございます。皆様の善意を受けたい住民と調整させていいただきます。お近くの社協(事務所)までご連絡ください。

Qボランティアに参加をしたいのですが、どうやって探せばいいでしょうか?

平日の様々な活動や休日等のイベント等たくさんのボランティア活動があります。希望等をおうかがいいたしますので、お近くの社協(事務所)までご連絡ください。

Q共同募金はいつ集めているのですか?募金を集めたらどこに持っていけばいいですか?

共同募金は、10月1日から12月31日まで全国一斉に運動が行われます。集めていただいた募金は、お近くの社協(事務所)までお持ち下さい。

Q共同募金は何に使われるのでしょうか?

北海道内で寄付されたお金は北海道内でのみ使われます。集まった募金の70%は募金をいただいた地域(新ひだか町)で安心して暮らすことができるまちづくり支援の為活用されています。

Q物忘れが目立ってきたけどなにか予防方法はありますか?

認知症は進行性の脳の病気です。認知機能が徐々に低下し、それに伴い症状も少しずつ重くなってきます。また、原因や症状により治療方法が異なりますので、まずは専門医に相談しましょう。(専門医がどこにあるか知りたい方は、お近くの社協(事務所)や包括支援センターにご相談ください。)

Q車イスや福祉ベッドの貸出しはしてくれますか?

借りることが出来ます。担当のケアマネジャーか、居宅介護支援事業所に相談して下さい。また、介護認定を受けていなくても、短期間の場合に車椅子の貸出をしておりますので、ご相談ください。

Q介護保険の申請をしたいのですが、どこでできますか?

広域連合もしくは地域包括支援センターの介護相談窓口でご家族でも申請できます。また、契約した居宅介護支援事業所のケアマネジャーが事情を踏まえ代行申請する事も可能です。

Q病院を退院するが、行く当てがありません。どこに相談したらいいですか?

まずは、病院の相談室や包括支援センター、居宅介護支援事業所に相談してください。(介護保険の申請が必要な場合もあります。)

Q一時的な都合で家族の介護が出来ないのですが、預かって頂けますか?

介護保険サービスでの短期入所等で対応する事が可能です。詳しくは担当のケアマネジャーや居宅介護支援事業所に相談して下さい。

知りたい情報を探す

オススメコンテンツ

赤い羽根共同募金

社会福祉法人 北道社会福祉協議会公式サイト

ページトップへ