社会福祉法人 新ひだか町社会福祉協議会

サイト内検索

文字の大きさ

採用情報

採用情報

職員募集要領

新ひだか町社会福祉協議会におきまして、下記のとおり募集します。

募集職種 社会福祉事業の企画立案者又は地域福祉コーディネーター及び権利擁護相談担当
勤務先法人本部(地域福祉課)
勤務先住所等本部 〒056-0019 新ひだか町静内青柳町2丁目3番1号/新ひだか町社会福祉会館
電話 0146-43-3121 FAX 0146-43-2223
資格要件□社会福祉士又は社会福祉士受験資格を有する大学及び大学院を(卒業見込)の方
□町内に在住及び転入予定、又は近隣町に在住で自動車普通免許を所有する通勤可能な方
募集人員1名
雇用形態総合職の職員
採用年月日平成31年4月1日
性別不問
年齢60歳未満(定年制のため)
勤務日数月曜日~金曜日の週5日(週休2日制)
勤務時間8:45~17:30(内休憩時間60分)
休日土曜日・日曜日・祝祭日及び年末年始(12月31日~1月5日)は休日
給与当法人の総合職の給与規程に基づき支給
 例(大学の新卒者の場合)168,600円
 例(大学院修了の新卒者の場合)185,800円
昇給月総合職の職員の昇給は、例外を除き1月1日付で毎年実施されます。
支給方法勤務月の21日に指定の口座に支給されます。
通勤手当当法人の通勤手当に関する規程に基づき自家用車の場合は通勤距離に応じて支給
□片道2km未満は支給対象外
□片道2km以上から月額2,000円~上限31,600円の範囲で月額賃金に加算して支給
期末勤勉手当当法人の総合職の給与規程に基づき以下の要件で支給
□6月30日(2.125カ月)12月10日(2.275カ月)がそれまでの在職期間に応じてそれぞれ支給
時間外手当所定の勤務時間を超えて勤務した場合は、時間外勤務手当が支給されます
住居手当月額27,000円を上限に、住居手当が支給されます
扶養手当扶養親族のある職員に対しては、扶養の状況により扶養手当が支給されます
寒冷地手当毎年11月から3月までの期間、毎月、世帯等の区分により寒冷地手当が支給されます
退職金制度退職手当に関する規程に基づき、全国社会福祉団体職員退職手当積立金基金に加入し、退職時に退職手当が支給されます
福利厚生等当法人の総合職の給与規程に基づき以下の事項が実施されます
□社会保険(健康保険、厚生年金保険)に加入します
□労働保険(雇用保険と労災保険)に加入します
□年次有給休暇(勤務日数等に応じて初年度は20日、2年目以降最大40日)付与され、その他に夏期休暇や病気休暇等の特別休暇が付与されます
□毎年、健康診断を受診できます
募集期間平成30年6月15日(金)~平成30年7月13日(金)16:00まで
(書類選考の上試験日をお知らせいたします。)
応募方法 指定の履歴書と福祉資格証明書や自動車運転免許証の写しを提出して下さい。
※指定の履歴書は、ハローワーク静内・当法人総務課で交付されますし、当法人のホームページからもダウンロードできます
採用試験筆記試験・面接試験
□日時 7月27日(金)午後1時30分から
□場所 新ひだか町社会福祉協議会2階会議室
発表平成30年8月8日(水)
仕事の内容について【社会福祉協議会とは】
 新ひだか町社会福祉協議会は、昭和27年(1952年)に設立され、昭和45年(1970年)に厚生大臣(現厚生労働大臣)に認可された社会福祉法人です。
 社会福祉協議会は、社会福祉法において地域福祉を推進する中核的な団体に位置づけられ、新ひだか町社会福祉協議会では”一人ひとりが自分らしく安心して暮らせる地域づくりを目指して”小地域ネットワーク事業を基軸に、様々な地域福祉活動を実践しています。 また、介護保険法に基づく介護サービス事業も積極的に実施しています。

【社会福祉事業の企画立案者及び地域福祉コーディネーター等の職務】
① 総務課 法人経営、地域福祉実践計画、役職員研修、会計管理、処務などの業務を担当し、社会福祉協議会の運営上不可欠な職種です。
② 地域福祉課 小地域ネットワーク事業、権利擁護相談支援事業、防災減災ボランティア事業、ボランティア活動振興、関係福祉団体支援などの業務を担当し、社会福祉協議会の中核的な職種です。
③ 三石支所 三石支所の運営事業などの業務を担当し、三石地区の福祉事業では不可欠な職種です
応募条件普通自動車運転免許が必要で、通勤可能な方
履歴書ダウンロード履歴書 (PDF)
  • ページ上へ
  • ページ下へ

Google Mapで開く

Copyright (C) 新ひだか町社会福祉協議会 All Right Reserved.
SPサイト